身体が資本論

身体とお金の話がメイン。元気があれば何でも出来るを地で行きます。

やったことをきちんと形にする

スポンサーリンク

行動を形にしないと、変化に気づくのは難しい。
そこで、変化を形に残すことで変化を具体化し、振り返りやすくしてみる。

 

具体的な記録の仕方

 

走る

 

ランキーパーやRunstaticで記録をつける。

いつどれだけ走ったかを記録しておけば、自分がどういうコンディションでどれだけ走れるかが分かる。


英語


どれだけ覚えられたかを数字、もしくはグラフでもなんでも、目で見えるようにする。
リスニングであれば、聞いたトラック数をメモして、Tweetする。
リーディングなら、どれだけ読んだかを付箋する。

プログラミング


プログラミングは、実際に作ったものをブログにアップする。
気づきや得られるものが合ったら、それもブログにシェアする。

 


形にならないものは、やっていないのと同じだから。とにかく形ににノイこるようにしないといけない。

無形なものについても、メモでもなんでもいいから目に見えるようにする、耳でも構わないけど、楽に振り返られるほうが良い。

 

振り返りに時間がかかってしまうのも問題だからだ。

やったことはメモして、管理できるようにしておくと、1週間でも生産性に大きく差が出るだろう。


なにしろ、なにかをやっていても形として残らなければ意味がない。
逆に、何も学んでいなくとも、形としてんなにか残るのであれば、そうした方がいい。

形にならないものでも、メモを残せば、それは形になったことと同じ。
なので、形にならないものはない、ということになる。

どんどん積極的に記録していく。