身体が資本論

身体とお金の話がメイン。元気があれば何でも出来るを地で行きます。

1時間後を見据えて動く

スポンサーリンク

あるいは一歩先と言ってもいいかもしれない。

朝、アラームが鳴ったら止める。そこまでは良い。

問題はそこからで、アラームを止めた現時点で一番やりたいことは「再び寝る」こと。一方、遅くとも1時間後には出掛けなければならない。

 

このとき、1時間で余裕を持って支度し、早めに電車に乗って目的地まで着くことを想定して家を出る1時間前にアラームを設定しているにも関わらず、30分で支度すれば良いからあともう少し寝ようと最初の目的と行動の意味を歪めてしまう。

ここで、1時間後に自分がどうなっているか、どうなっていたいかを想像出来れば、二度寝して慌てて支度をし、髭剃りやヘアセットを妥協したまま1日を過ごすことがなくなるのだ。

 

少しだけ未来を見据え、そのイメージに持っていけるように動ければ、日々の充実感が少しだけ向上する。