読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身体が資本論

身体とお金の話がメイン。元気があれば何でも出来るを地で行きます。

お金が無いなら動けば良い

スポンサーリンク

f:id:lemarc:20151101175801j:image
最近やることがない、というのが結構課題であって、それには具体的なお金の計算が欠けているからなのだと思う。

自分が月にどれだけ使い、どれだけ貯金するのか。貯金はどれだけ必要で、やりたいことをやるにはいくら必要なのか。

そういうことを考えることで、自ずとするべき行動が見えてくるのだろう。

ということで、自分が月にどれだけのお金が必要なのか考えてみる。

まず家賃が65000円。光熱費が7000円、通信費が10000円。食費が40000円。
これでとりあえずは生きていける。
月に122000円。これにジムの会費が8000円。ということで私の固定費は130000円になる。
手取りが180000円なので、月に5万円は好きに使うことが出来る。

ちなみに今月は残業代が多く付いたので6万円ほど更に余裕がある。

月に20000円は貯金しようと思っているので年に24万円貯まる。
もしものために、とは思うが、本当にヤバイ時は親に泣きついてしまうだろう。そして親も出してくれるのではないかとすら思っている。

友達は少ないので遊びに出掛けることもほとんど無く、あっても月に1度。
彼女とも週に1回会うか会わないかなので交際費は15000円程度か。

すると、残りは5000円。これで日用品、消耗品を買う。

これじゃあ自分のことが何もできない。
学生の時に貯めた元金は割っていないものの、月に20000円貯まっているかどうかというところ。

お金があったら何がしたいか。

服が買いたい。車に乗りたい。大きな部屋に住みたい。飲みに出掛けたい。大きな仕事がしたい。不動産が欲しい。世界中を旅したい。自信を持って人と会いたい。

それは今のままでは手に入れられないものなの?と聞かれると、いろいろ妥協すれば出来るだろう。

というか実家に帰ればいい。
実家に帰ればお金もかからないし車も乗り放題。地元の友達に連絡して飲みに行けばいい。

でも、それだと何かが引っかかる。確かに楽なんだけど、モヤモヤした気持ちになる。

結果、深夜に軽自動車に乗ってドンキに行くおっさんになる…

別にきらびやかな生活を送りたいわけじゃない。
じゃあ何だ?生きることを楽しみたい?自由になりたい?
余裕が欲しい?幸せになりたい?

何で本当にやりたいことが出来ないのかというと、お金が無いからだ。

何でお金が無いかというと、稼ごうとしていないから。こうやって家で駄文を書いている暇があるんだったら働けばいい。

広告を非表示にする