読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身体が資本論

身体とお金の話がメイン。元気があれば何でも出来るを地で行きます。

書きたいものが浮かばないときにウォーミングアップで書く文章を上げる

書きたいものが浮かばないとき、入力デバイスを握って何か打ち出せば書きたいものが浮かんでくると言われている。

極端なものでは「まずは30秒やってみる。必ずそれ以上続けられるから、始めてしまえばこちらのもの」といった主張もあって、多くの人が実践されたことと思う。

では実際に書きたいものが浮かんでくるのか?試してみよう。

久しぶりにポメラを使って入力しているのだけど、買ってから5年以上経つからか樹脂からオイリーなベタベタがものすごく分泌されている。
脱脂する方法が知りたいから調べてみようかな。
と、ふと浮かんだもので記事が書けそうなネタがひとつ見つかった。

もうひとつ欲しい。夏目アナが有吉と熱愛で、しかも妊娠しているというから驚き。まさかとは思ったが、本当だったら嬉しいけどモヤモヤする。
ここまではふつうの人も思いつくので、夏目アナがかつて避妊具との2ショットで話題になったが、実際にあの避妊具が作られている工場に潜入してみたのはあまり例がないかもしれない。ということで厚木にレポートしに行ってくる。

見つかったら一覧にして寝かせておく


と、こんな感じで頭に浮かんだとりとめのないイメージを文にすることでネタとしてストックしておくことが出来る。

ただし、その場の勢いで思いついたアイデアを3日後に見返したとき、布団にくるまって大声を出したくなるかを想像出来るかどうかの落ち着く時間をもうけることで、より精度の高い記事を書ける。

書く。寝かす。調理する。一見手間がかかりそうだが、考える時間を決めることで最終的に効率良く記事を仕上げる土壌が作りやすくなった。

100の没ネタを越えて、キラーコンテンツが生まれるのだ。

計測できる数字を持つことから始めよう

漠然と「今の生活から抜け出したい」と思っていても、実際の行動が変わらないと状況が変わらないまま時間だけが過ぎてしまう。

年収を30倍にしたい、気の合う仲間や恋人が欲しい。そうは思っていても、そうそう実感することは無く、「これでいいのか」と模索しながらいつの間にか忘れてしまうのがいつものパターンだった。

 

続きを読む

言動と行動のズレが生み出す胡散臭さ

体を張るとブログのタイトルでは言っているものの、一向に体を張る気配のないエントリですが、まずは軽く実践しながら起動修正をしているつもりです。

…という出だしから始まった2年前の下書き。まずタイトルにドキッとする。

何もしたくない時に初めにすることを決める

生産的なことをしたいのに、Youtubeをダラダラと見たりはてブホッテントリを消化したりしてしまうなんてことが毎日5回ぐらいある。

やらなければいけないことをするわけではないのでYoutubeを見て過ごしても良いのだけど、どうせするならお金になることをやりたい。

駄文でも記事を書けば1万回に1回広告がクリックされるかもしれない確率が上がるし、頭のなかの整理が出来る。

ということで、何か生産的なことをしたいのに出来ないとき、どうすれば良いのかを考える。

続きを読む

割れたiPhoneを使い続ける見えないストレス

2015年の11月にiPhoneのガラスを割ってしまい、そのまま使い続けること約10ヶ月。Lightningケーブルの不調なのではと思いながら充電の不具合としてiPhoneApple Storeに持ち込んだ。

続きを読む

ぷららモバイルLTE無制限プランを解約→ヨドバシワイヤレスゲートの無制限へ

一年前、こんな記事を書いた。 

lemarc.hatenablog.com

 ぷらら無制限は上下3Mbpsだが通信量を気にせずに使える便利なSIM。3Mbpsという速さはYoutubeを480pで見つつネットサーフィン、SNSウォッチにちょうどいい速度。

これがあれば一人暮らししても固定回線を引く必要ないしいいなーって思っていたんだけど、現実は甘くなかった。

クソ遅いんだこれが。

続きを読む

Atomを使ってブログの下書きを書く

Macで無料のエディタを探すのが面倒、ということでGithub謹製のエディタである「Atom」を使うことにした。

続きを読む