身体が資本論

身体とお金の話がメイン。元気があれば何でも出来るを地で行きます。

続けるために大事なこと

続けることは難しいが、続けるにはコツが有るのも事実。 今回はそのコツを幾つか挙げてみる。

続きを読む

やったことをきちんと形にする

行動を形にしないと、変化に気づくのは難しい。
そこで、変化を形に残すことで変化を具体化し、振り返りやすくしてみる。

 

具体的な記録の仕方

 

走る

 

ランキーパーやRunstaticで記録をつける。

いつどれだけ走ったかを記録しておけば、自分がどういうコンディションでどれだけ走れるかが分かる。


英語


どれだけ覚えられたかを数字、もしくはグラフでもなんでも、目で見えるようにする。
リスニングであれば、聞いたトラック数をメモして、Tweetする。
リーディングなら、どれだけ読んだかを付箋する。

プログラミング


プログラミングは、実際に作ったものをブログにアップする。
気づきや得られるものが合ったら、それもブログにシェアする。

 


形にならないものは、やっていないのと同じだから。とにかく形ににノイこるようにしないといけない。

無形なものについても、メモでもなんでもいいから目に見えるようにする、耳でも構わないけど、楽に振り返られるほうが良い。

 

振り返りに時間がかかってしまうのも問題だからだ。

やったことはメモして、管理できるようにしておくと、1週間でも生産性に大きく差が出るだろう。


なにしろ、なにかをやっていても形として残らなければ意味がない。
逆に、何も学んでいなくとも、形としてんなにか残るのであれば、そうした方がいい。

形にならないものでも、メモを残せば、それは形になったことと同じ。
なので、形にならないものはない、ということになる。

どんどん積極的に記録していく。

思い出すことと始める勇気があれば上手くいく

やりたいことがやれないのは、忘れてしまう始める勇気がないから。本当にこれだけ。

 

それぞれの対処法を考えておく。

 

忘れてしまう

「あ、これやりたい!」と思っていても、記録して思い出さないとすぐに忘れてしまう。

これ、ふとした瞬間に思い出すことがとても多いので、忘れたというよりは思い出せない状態になってしまっているだけ。

なので、やりたい(やらなければならない)ことを記録して、かつ思い出す仕組みを使わないとならない。

使う仕組みは何でも良いけど、わたしは今のところTodoistを使っている。

とにかくプッシュ通知をたくさん送ってもらえるようにすれば、いつかは気づく。

オススメは場所に基づいたプッシュ通知。

職場に近づいたら「当番表更新」や「日報書いた?」などいい感じにリマインドできる。

 

バーっと頭にあるモヤモヤとしたやりたいことを吐き出して、それを整理し、適切な場所と時間にリマインドできたら、あとはやるだけ。

 

でも、あとはやるだけなんだけど、どうしてもやる気が起きないことがほとんど。そこで2つ目の「始める勇気」が持てない原因とわかすコツが出てくる。

 

始める勇気が持てない

やりたいことはわかったんだけど始める勇気が持てず、モヤモヤしてしまう場合、やりたいことの粒度が大きすぎることが多い。

やりたいことが「お金持ちになりたい」だった場合、そのためにやらなければならないことが複数考えられて、どれから手を出していいのかまったく分からないし、そもそもいくらからがお金持ちなのかが曖昧だ。

このため、何をして良いのか分かっているようでまったく定まっていないために不安が生じ、始める勇気が持てない。

 

こうなってしまったときにやると良いのは3ステップ。

  • やりたいことやゴールについての期限と数字を具体的に決める
  • ゴールと現実と比べる
  • その差を埋めるためにやれることを、それ以上分解できなくなるまでタスクにする

あとはタスクをこなし、ゴールと現実を比べてギャップを埋めていくことを繰り返していくだけ。

 

やることが決まれば不安はなくなり、始める勇気が芽生える。

手が汚れない、洗い物が出ないサラダチキンの作り方

なるべくお金をかけないで健康な食生活を送りたいのだが、かといって自炊は極力したくない。 もっと言えば、自炊は面倒ではないけど、その過程でやらなければならない何かを洗うことが面倒くさい。という私が、いろいろとレシピを見て「これなら続けられる」と思った自作サラダチキンの作り方をメモする。

サラダチキンや鶏ハム、炊飯器鶏など、鶏胸肉を使った楽チンレシピに関する話題はだいたい読んでみて、なるべく簡単に、手が汚れず、時間がかからないようにいいとこ取りしてみた。

続きを読む

やりたいことは山ほどあるのに、休日を持て余してしまうたったふたつの理由

1週間に1日は予定を入れず、自分ひとりで過ごす時間を意識的に作っています。ただ問題なのが、時間を持て余してしまうこと

平日は、「英語を勉強しよう」「新しく出来たお店に行ってみよう」とやりたいことが浮かぶのですが、いざ休日になるとYoutubeを見ているだけで1日が終わってしまいます。

やりたいことはたくさんあるのに、なぜかやる気が起きず、部屋着のまま動画を見ているなんてもったいないし、このまま年老いていくのは嫌です。

こうなってしまう理由を考えてみたのですが、数ある理由のなかで、この2つが根底にあるのだなとおもったのがこちら。

  • やりたいことを忘れている
  • やりたいことがゴールであり、行動でない

です。ひとつずつ掘り下げましょう。

続きを読む

準備の大切さと、継続isパワー

久しぶりに試験を受けた。

解答速報を見る限り、不合格だったけど、勉強して試験を受けるということを3年ぶりにしたことで、色々と気づきを得られたので残しておく。

 

# 勉強時間相応の実力しかつかない

当たり前なのかもしれないけど、勉強量に比例して点数は上がっていく。

私は天才ではないので、自分の実力を客観的に数字にしながら、合格基準に持っていく工程を地道に進めるほかない。

 

# 継続は力なり

自分に合っている勉強のタイプを把握していないことに気づいた。短期集中で出来る人だと勝手に思い込んでいたけど、どうやら違うみたいだ。

今回受けた宅建の試験は、実に6ヶ月前から最初の準備は始めていた。準備と言っても、テキストを買っただけだけど。

そこから、ネットで音声講義をダウンロードして聴くというところが出来ず、9月になってしまった。

ようやく過去問のアプリを購入&教材もアプリのものに変更し、本格的に勉強を始めたのが9月の3週目ぐらいだろうか。

とにかくやる、と言ってからが遅いのと、すこしやってみても長続きしない。

 

毎日少しずつ、継続的に勉強する。当たり前だけど、間違ってない。

 

# やると決めたらきちんと計画を立てる

予め分かっている予定があるのに、直前になってやっぱり勉強があるからとそれらをバッサリ切れる人ならいいんだけど、それが出来ない人間だった。

 

全体的に言えるのは、だらしないということ。

 

20代も中盤を過ぎ、許される年齢ではなくなってきている。

早めに次の一手を打っていく。

いままでの人生

お客さま気分だった。

だから、なにかしてもらっても当然だと思っていた。

当事者意識が欠如していたんだ。

 

だから、自分が出来ないことはひとのせいにできた。

当事者意識がなかったから、負けても悔しくなかった。

 

でもそれは違う。

いま、この人生で関わってくださっているみなさまは仲間で、運命共同体だ。

 

だから、精一杯出来ることの最善を尽くして、そのときそのときを生きなければいけない。

広告を非表示にする